Lonworks - ビルディング・オートメーションのためのControl Network
Lonworksネットワークは、制御システムの問題を解決します。コンピュータ業界のように制御産業はかつて、そして多くの場合現在もpoint-to-point ワイヤリングや階層論理システムに基づく中央化された制御ソリューションを作成しています。そのため "master" コントローラは、コンピュータかプログラマブル・ロジック・コントローラのような、物理的に個々の生業、モニタリング、センサ・ポイントあるいはスレーブにワイヤリングされたものでした。ネットワークは機能しましたが、高価で維持、拡張、サービスするのが難しいものでした。そしてまた、大変高価なものでした。

Lonworksネットワークは、いくつかのシンプルな考えから始まりました。制御システムは基本的にアプリケーションにお構いなしです。ネットワーク化された制御システムは、ネットワーク化されていないものよりは強力で、柔軟性が高く、スケーラブルです。長い目で見ればネットワーク化された制御システムのほうがされていないものよりも労力とコストを削減します。

Lonworks はどこで使用されているか
Lonworksネットワーク は、暖房、換気、冷房、照明、ボイラー、エア・ハンドラ、セキュリティ、エレベータ、防災、アクセス・コントロール、エネルギー・モニタリング、水道制御、そしてブラインド等、ほとんどのビルディング自動サブ・システムで使用されます。工場においては、排水処理、ペイント・カラーの確認、部品の調達など、Lonworksテクノロジは、多くの産業用タスクに使用されています。LonworksはEchelon社でサポートされています。

LONWORKS 概要
ネットワーク・サイズ:    32,000ノード/ドメイン
ネットワーク長:    2000M @ 78Kビット/秒
データ・レート:    1.25 Mビット/秒完全2重型
バス・トポロジ:    バス型、リング・ループ型、スター型
アドレッシング:    Master/Slave とPeer-to-Peer
ネットワーク特長:    コンフィギュウアブルなネットワーク変数
LonMarkオブジェクトとプロファイル使用