高速センサ/アクチュエータ・ネットワーク

INTERBUSはPhoenix Contact社により開発され、現在ではINTERBUS Clubユーザ会で管理されています。INTERBUS はオープンなFieldbus ネットワークで、国際標準IEC 61158で標準化されています。 INTERBUSは自動車関連で広く採用されています。導入数は現在600万ノードを超えています。INTERBUS 対応製品群は全世界のフィールドで互換性を保証するINTERBUS クラブにより認証されています。

IINTERBUS はサイクリック・プロセス・データを転送する高速センサ/アクチュエータ・ネットワーク向けにデザインされています。リング型トポロジでデータ転送されるため、INTERBUS高速、サイクリック、等時間隔転送、最適な診断、そして簡単な取り付けなど、素晴らしい機能を提供します。

INTERBUSはリング型システムです。すべての機器はアクティブに転送パスで統合されます。各機器は入力シグナルを増幅、より高い転送レートで長い間隔で送信します。他のリング型システムとは異なり、データは一本のケーブルですべてのINTERBUSシステム機器に転送され、また返ります。そのため、物理的には「オープン」ツリー型ストラクチャのように見えます。そのためバス・システムはアプリケーションの変更にもすぐ適応できます。

INTERBUS master/slaveシステムは最大512台まで接続することが可能です。リングは自動的に最終機器でクローズされます。ポイント間の接続により終了レジスタが必要ありません。多くの異なるトポロジが作成されます。分岐ターミナルが分岐を作成し、機器との接続と切断を実現します。

さらにRS-422ベースの銅線ケーブル転送テクノロジにより、INTERBUSは光ファイバ素材では秒単位の転送を実現します。

INTERBUS 概要
ネットワーク・タイプ:    Master/Slave Fieldbus 通信システム
トポロジ:    分岐アクティブリング型トポロジ:
取り付け:    9-pole DSUBコネクタ付きシールドツイストペアケーブル
2台の機器間最大400Mまでのケーブル長、合計13KM。其れ以上は光ファイバを使用可能。
データ・レート:    500Kビット/秒、2Mビット/秒
最大接続台数:    1枚のMasterに対して最大511枚のSlave
データ:    最大4096ビットのI/O データ
ネットワーク特長:    サイクリックI/Oデータ転送に最適な高速で有効なFieldbus 通信システム
ユーザ組織:   Interbus Club

HMSはInterbus Clubの会員で、その活動に積極的に参加しています。また、認証済みInterbus 対応製品を幅広く提供しています。

InterbusネットワークをサポートしているAnybus製品群を見る