Anybus logo Anybus-M Master

Anybus-Mは証明された交換可能なマスタ/スキャナ機能を持つ組み込みコミュニケーションモジュールです。これらは産業オートメーションデバイスへの統合のために設計されています。Anybus-MファミリはProfibus, DeviceNet, EtherNet/IPとAS-Interfaceをサポートしています。全てのモジュールは標準化されたハードウェアと同様のソフトウェアインターフェースを持ちます。

Anybus-Mマスタモジュールは異なる産業用ネットワークを介した産業用フィールドデバイスによる通信が必要な産業オートメーションデバイスへの統合のために設計されています。Anybus-Mモジュールは オートメーションデバイス内で動作しているアプリケーションの全てのコミュニケーションプロトコルを独立して処理する独自のハイパフォーマンスマイクロプロセッサを持っています。

ネットワークバージョンによって、Anybus NetToolを使用しAnybus-Mモジュールへのコンフィグレーションの定義とロードが可能です。外部コンフィグレーションツールまたは代わりに、オートメーションデバイスのソフトウェアからコンフィグレーションをロードできます。標準的なアプリケーションは、ロボットコントローラまたはゲートウェイのようなアドバンストオートメーションデバイスです。

全てのAnybus-Mモジュールは、クレジットカードサイズです。アプリケーションインターフェースはハードウェア、メカニックスが標準化されています。これにより全ての他のAnybus-MとAnybus-Sモジュール間で交換可能できます。

アプリケーションに必要な高機能
Anybus-Mモジュールは、マスタ/スキャナインターフェースの全ての特徴が使用できるように準備されています。完全なプロトコル機能がコミュニケーションモジュール内部に実装されています。パワフルなオンボードマイクロプロセッサーは完全なネットワークプロトコルを処理するため、ホストオートメーションデバイスのマイクロプロセッサから全てのタイムクリティカルプロトコル処理の負荷を軽減します。

簡単なコンフィグレーション
全てのバージョンごとのコンフィグレーション方法が可能です。Profibus と DeviceNet コンフィグレーションのために、HMSは柔軟で、ユーザフレンドリなコンフィグレーションツールであるAnybus NetToolを提供します。EtherNet/IPスキャナコンフィグレーションのために、ユーザはRockwell から提供されているRSNetworxコンフィグレーションソフトウェアが使用できます。AS-Interfaceは、ターミナルプログラムとのコンビネーション内のインビルトコンフィグレーションインターフェースが十分なコンフィグレーションはとても容易です。

  ANYBUS-Mの特長
    一つの開発でProfibus, DeviceNet, EtherNet/IP と AS-Interfaceへ接続
    ホストデバイスの視点でメカニックス、ハードウェアとソフトウェアが標準化されたアプリケーションインターフェース
    ホストオートメーションデバイスへのスムースな統合
    オンボードマイクロプロセッサはオートメーションデバイスから全てのタイムクリティカルコミュニケーションタスクの負荷を軽減します
    早いリリース、標準的には複数のネットワークをわずか1-3か月
    自社開発と比較し開発費を70%節約
    全てモジュールの価格に含まれているため追加のライセンス費は不要
     使いやすい Anybus NetTool コンフィグレーションソフトウェア:ProfibusとDeviceNetセットアップ用
    HMSによる継続的な製品メンテナンス
    相互運用とCE, ULとRoHS適合のネットワークコンプライアンスの事前認証