Anybus-ICシングルチップ

標準のDIL-32チップソケットに適合したとても小さい認証を受けたコミュニケーションインターフェースのファミリです。Anybus-ICはサイズ、コネクタ選択の柔軟性と単純性が決定的な要素となる産業用オートメーションデバイスにとって理想的です。Anybus-ICはホストマイクロプロセッサを使用、未使用両方で動作するように設計されています。


Anybus-ICは産業用ネットワークのための完全な交換可能なシングルチップインターフェースです。 小さいサイズと複数のネットワーク接続が重要なフィールドデバイスのために最適化されています。Anybus-ICは産業用コミュニケーションインターフェースの全ての機能に必要な電子部品とソフトウェアを含みます。すべては9 cm²の標準のDIL-32チップソケットに完全に適合したシングルボードソリューションに統合されています。

とても小さく柔軟
Anybus-ICはサイズがわずか9cm²の小さいコミュニケーションインターフェースです。コミュニケーションインターフェースのためのスペースが制限されたデバイスへの統合用に設計されたとても小さい接続ソリューションを提供します。Anybus-ICは産業の厳しい環境で使用されるデバイスのために簡単なソリューション与えるM12またはスクリューターミナルのような様々なネットワークコネクタを使用できます。 

全てのアナログとデジタル部品を含む – 電源とコネクタのみ必要
Anybus-ICは選択されたネットワークでのコミュニケーションをするための全てのソフトウェアと同様、全てのデジタルとアナログハードウェアを含みます。Anybus-ICはテストとフィールドバス/Ethernet認証試験で認証を受けた証明されたソリューションです。

フィールドバスと産業用イーサネットのサポート
Anybus-ICはProfibus-DPスレーブ、DeviceNetアダプタ、CANopenスレーブ、ProfinetスレーブとEtherNet/IPアダプタ/Modbus-TCPスレーブが利用できます。Anybus-ICの全てのEthenetバージョンは産業用IT機能とリアルタイムEthernetプロトコルを含みます。IT機能はダイナミック組み込みウェブサーバ、FTPサーバとEmailクライアントを含みます。

  ANYBUS-ICの特長
    とても小さいDIL32コミュニケーションインターフェースファミリー、理想的なサイズ
    一度の開発でフィールドバスとEthernetの接続
    オートメーションデバイスの中でアプリケーションのホストマイクロプロセッサの使用、不使用が可能
    ホストデバイスから見てネットワークから独立のハードウェアとソフトウェアインターフェース
    IP65プロテクトデバイスのための特定のネットワークコネクタの使用が可能
    自社開発と比較し開発費を最大70%まで節約
    複数のネットワーク製品の短期でのリリース、標準1-2か月
    とても低消費電力の5V単一電源
    HMSからの継続的なテクノロジーメンテナンス
    ネットワーク認証のためのテストと解析済み – CE、ULとRoHS規格に準拠
    無償の有能なグローバルテクニカルサポート