Anybus-CC -ドライブ・プロファイル

ABCC Drive Profiles

Anybus-CompactCom ドライブ・プロファイル製品群はドライブ・プロファイル機能を追加することでAnybus-CompactComのコンセプトを拡張します。拡張されたソフトウェア機能はドライブメーカーに最新通信規格ドライブに準拠する製品の生産をより簡単に実現します。

ドライブ・プロファイルはネットワーク通信システムが特定アプリケーション領域の機器にいかに使用されるかを特定します。プロファイルの使用はエンジニアリング・コストを大幅に削減します。アプリケーションに関連するパラメータが正確に特定されるからです。実際、PLC機能ブロックは機器サプライヤが異なっても一つのプロジェクトからもうひとつのプロジェクトへと再利用することができます。システム統合は各新プロジェクト向けに学習する必要はなく、ネットワークのプロトコルが同じ場合もあります。

ドライブ・テクノロジは典型的な例を提供します。今日の市場にあるほとんどの産業向けネットワークには標準化されたドライブ・プロファイルが含まれています。ネットワークとプロファイルの例は次のようになります:
• PROFIBUS と Profdrive

• DeviceNet と AC/DC Profile
• CANopen と DSP-402
• LonWorks と 6010 Variable Speed Motor Drive
• CC-Link と -ドライブ・プロファイル

これらのプロファイルは同じ目的のために作成されますが、大きく異なります。これらの違いには物理的メディア、通信プロトコルだけでなくドライブ・ステートマシンやドライブ・パラメータやデータの生成や翻訳もまた含まれています。

Anybus-CompactComドライブ・プロファイルはホストアプリケーションにジェネリック・ドライブ・インターフェースを提供することでこの問題を効率よく処理します。Anybusモジュールはこのインターフェースを各ネットワーク・プロファイル向けに適応させます。続きを読む

  主な利点
    標準Anybus-CCハードウェア・アプリケーション・インターフェースと完全互換
    標準ならびにAnybus-CCのドライブ・プロファイル版として新しいソフトウェアを使用可能
    Anybus-CCドライブ・モジュール・ソフトウェアに特定ドライブ・プロファイルの機能をインプリメント
    マクロ・ドライブから大型機器へ最適な電力配分
    速度/トルクサブセット・プロファイルを使用して AC/DCドライブを追加サポート
    Profibus、DeviceNet、CANopen、CC-Link、EtherNet/IP向け2010年第一四半期出荷開始