産業用ネットワーク市場シェア2017 (HMS社統計)


産業用ネットワーク市場動向

ファクトリーオートメーション(FA)分野で2016年に新規設置されたノード数をもとに、複数の市場調査とHMS独自の販売統計を合わせて、2017年の状況を予測しました。

【概略】
インダストリアルIoTにより産業用デバイスのネットワーク接続に対するニーズが高まり、産業用Ethernetとワイヤレス技術の利用が加速しています。現在、産業用Ethernetが市場の46%(昨年38%) を占めており、昨年4%であったワイヤレスも堅調に伸び、6%に達しています。産業用Ethernetとワイヤレスのシェアを合わせると市場の52%となり、フィールドバスは48%となっています。

HMSインダストリアルネットワークスから、今年も産業用ネットワーク市場に関する動向をご紹介いたします。HMSは、産業用通信やIoTに向けた製品・サービスの独立系サプライヤーとして、産業用ネットワーク市場の実状に即した洞察を持ち合わせています。ここでは、HMSが認識している産業用通信における2017年のトレンドについて一部をご報告します。

IIoTで拍車のかかる産業用Ethernetの成長
HMSの分析では、産業用Ethernetはこれまで以上に急速に成長しており、成長率は22%に達しています。グローバルな市場シェアでみると、産業用Ethernetは昨年の38%に対し、現在46%を占めるに至りました。EtherNet/IPとPROFINETが共に首位であり、PROFINETは欧州で優勢、EtherNet/IPは北米で優勢となっています。グローバルにみると、これにEtherCAT、Modbus-TCP、Ethernet POWERLINKが続きます。
「新規設置ノードという点では、明らかにEthernetベースの産業用ネットワークへの移行が加速しているように見受けられます。こうした産業用Ethernetへの移行は、IIoT(インダストリアルIoT)のみならず、高速化へのニーズや工場設備とITシステム間の統合に向けた動きが大きな要因となっています。」と、HMSのマーケティングディレクターAnders Hanssonは説明しています。


ワイヤレス技術が塗り替えるネットワーク勢力図
ワイヤレス技術は成長率32%という急速なペースで拡大しており、現在、市場全体の6%に達しています。ワイヤレス技術の中ではWLANがもっとも普及しており、そのあとをBluetoothが追っています。「機械メーカー各社は、タブレット端末やスマートフォンなどのBYOD(Bring Your Own Device、私有デバイスの活用)を含め、革新的なオートメーションアーキテクチャや新しいソリューションで接続や制御を実現すべく、ますますワイヤレス技術を利用するようになっています。」

フィールドバスは成長続くも減速
フィールドバスは市場の48%を占め、広く使われているネットワークであることに変わりはありません。フィールドバスが持つ従来からのシンプルさと信頼性を多くのユーザーが求めており、今なお成長しています。しかしながら、その成長率は低下し、昨年の7%に対して現在はおよそ4%にとどまっています。フィールドバスで優勢なのは、全世界市場の14%を占めるPROFIBUSです。続いてModbus-RTUとCC-Linkがそれぞれ6%となっています。

地域による違い
欧州や中東では、現在のところPROFIBUSが優勢なネットワークですが、もっとも成長率が大きいのはPROFINETです。これをEtherCAT、Modbus-TCP、POWERLINKが追っています。米国市場ではCIPネットワークが支配的で、市場シェアではEtherNet/IPがDeviceNetを追い越しました。 アジアでは、ネットワーク市場の細分化は明らかです。市場をリードする際立ったネットワークはありませんが、PROFIBUSやPROFINET、Ethernet/IP、Modbus、CC-Linkが広く利用されています。また、EtherCATが有力ネットワークとしての地位を固めつつあり、さらにCC-Link IE Fieldの勢いも増しています。

ますます多くのデバイスが接続されるように
「ここにご紹介した概要は、業界他社による見方に加え、独自の販売統計と市場認識を踏まえた当社の総合的な見解です。興味深いのは、産業用Ethernetとワイヤレス技術を合わせれば、フィールドバスの48%に対して、今や市場の半分を超える52%を占めるようになったことです。一連の産業用Ethernetの好調さや、ワイヤレス技術の成長は、まだまだネットワーク市場が細分化されたままであり、ユーザーが様々なフィールドバスや産業用Ethernet、ワイヤレスネットワークに対する接続性を求めていることを明確に示しています。全体として、IIoTやインダストリー4.0などのトレンドに力強く牽引されるかたちで、産業用デバイスはますますネットワーク接続されるようになっています。"Connecting Devices"(あらゆるデバイスを接続する)を理念に、HMSはこうしたトレンドにしっかり応えながら、さらに成長してまいります。」
Anders Hansson, Marketing Director