Anybus Communicatorをセンサならびに計測器向け外付けネットワーク・インターフェースに使用

ネットワーク統合インターフェースを持たないセンサならびに計測器をRS-232インターフェースとAnybus Communicatorを介してフィールドバスならびに産業用Ethernetネットワークに簡単に接続することができます。

柔軟性の高い通信はほとんどのセンサならびに計測器の成功の鍵となります。複雑なセンサーは強力な統合されたネットワーク・インターフェースを提供する一方で、小型でシンプルなセンサならびに計測器は、Modbusや独自のプロトコルを持つRS-232/485インターフェースを介したシリアルな通信しかサポートしません。この場合、Anybus Communicatorをほとんどのフィールドバスならびに産業用Ethernetネットワークとスキャナを統合する外付けインターフェースとして使用することができます。


Anybus CommunicatorはセンサのRS-232/485インターフェースに接続され、シリアル・データ・ストリームをフィールドバスや産業用Ethernetプロトコルに翻訳します。Communicatorは完全にプロトコル変換を処理し、ネットワーク上でセンサをslave/adapterとして見せます。中央PLC(master / scanner)からはセンサはスレーブの機能を持つ
標準ノードとして機能します。Anybus Communicatorはほとんどの産業用ネットワークに対応しているため、センサは新たに開発することなく多くの異なるネットワークに同一接続ソリューションで接続することが可能です。

いくつかのセンサが使用されているアプリケーションでは、1台のCommunicatorで最大31台のセンサまで産業用ネットワークと接続することが可能です。必要なのはセンサが RS-422/RS-485バス・インターフェースを提供する、ということです。センサ毎のネットワーク接続のコストは組み込みソリューションより低価格になります。 さらに読む