重量計と測量計の中で組み込みAnybusモジュールの使用


現代の重量計と測量計デバイスは多くのビルトインインテリジェンスとフィールドバスとイーサネット-TCP/IPネットワークへの接続をもちます。

産業用重量計と測量計デバイスは様々なフィールドバスと産業用イーサネットネットワークのためのデジタルコミュニケーションインターフェースが装備されています。パッキングシステムと品質検査と制御と同様にデバイスは特にプロセスオートメーション、バッチプロセスの上流と下流のアプリケーションの産業用オートメーションの全てのタイプで使用されます。デバイスはプラントを超え分散され、フィールドバスまたは産業用イーサネットを介しプロセスコントロールシステム(PCSまたはPLC)へ接続されます。産業用ネットワーク内でデバイスはスレーブ/アダプタ機能をもちます。アプリケーション内でデバイスは標準のイーサネットーTCP/IPを介しERPと製造プラントの品質システムへ追加のコミュニケーションリンクを提供します。現代のModbus-TCP、Profinet IOまたはEtherNet/IPのような産業用イーサネット標準は同時にリアルタイム通信と同じネットワークを越えた標準TCP/IP転送します。ただ一つだけのネットワークを同時に両方の機能を処理することが必要です。

デバイス交換のプロファイルサポート
複数のフィールドバス組織は重量計と測量計の指定された特定のアプリケーションプロファイルをもちます。プロファイルは異なる製造業社の重量計と測量計デバイス間のインターオペラビリティと交換可能性を増加させることを目的としてます。これらのプロファイルはPLC/PCS側の機能ブロックとデバイスのパラメタライゼーションを製造業社またあコントロールシステムと独立して定義します。

Anybusはコミュニケーション要求を満たします。
組み込みAnybusコミュニケーションモジュールを使って、HMSは溶接機と測量機システムのための接続性のソリューションの使用ができる準備を提供します。Anybusモジュールは溶接機と測量機のプロファイルによって指定された機能をサポートし、物理的なイーサネットインターフェースを介し高速サイクリックI/Oリアルタイムイーサネットモジュールは同時に非リアルタイムスタンダードイーサネット-TCP/IPコミュニケーションを可能にします。

よく定義されたAnybusアプリケーションソフトウェアインターフェースのため、デバイスの内部はリアルタイム I/O-データと標準化された方法内のイーサネット-TCP/IPソケットインターフェース、産業用イーサネットリアルタイムプロトコルにアクセスします。

HMSは重量計と計量計デバイスのコミュニケーション要求を満たす組み込み通信モジュールの4つのファミリーを提供します。

Anybus-CompactCom (Anybus-CC)
コンパクトフラッシュカードに類似したフォームファクタをもつ牽牛なプラスチックハウジング内のプラグインコミュニケーションモジュールです。Anybus-CCモジュールは、ハイパフォーマンスと低いプライスによる最新のAnybusテクノロジを使用します.
更によむ



Anybus-S
中位と大位のアプリケーションのためのパワフルコミュニケーションインターフェースのビルドに必要な全てのハードウェアとソフトウェア機能を含むクレジットカードサイズのコミュニケーションインターフェースです 更によむ

Anybus-IC
スタンダードDIL32ソケットに合ったとても小さなサイズのコミュニケーションインターフェースです。 これらの小さなモジュールは、パフォーマンスとデータサイズの限られた要求の小さいアプリケーションのためのテイラーメイドです 更によむ


カスタマイズAnybusソリューション
ハイボリュームアプリケーションのために、証明されたAnybusテクノロジに基づいたHMSはカスタマイズソリューションを提案します。 更によむ

使用されている特定のAnybusモジュールにかかわらず、開発努力の70㌫以上の削減をAnybusテクノロジの原理的な利点からデバイス製造業社は効果を得るでしょう。早いタイムツーマーケット、簡単な認証とHMSによる継続的なテクノロジメンテナンスです更によむ