分散I/Oデバイスの中で組み込みAnybusモジュールの使用


分散I/Oデバイスはフィールドバスと産業用イーサネットネットワークの最も広範囲で可能な範囲をサポートするシンプルでフレキシブルなコミュニケーションインターフェースを必要とします。

分散I/Oデバイスはオートメーションテクノロジーの中の何処でも使用されます。コミュニケーションは最も重要な成功の因子で、バルブは 多くのネットワークを可能な限りサポートするフレキシブルなネットワークインターフェース(PLC/IPC)として機能します。バルブはネットワークの中で、サイクリックI/Oデータエクスチェンジをするスレーブ/アダプタとして機能します。バルブは電気、空気圧または磁気バルブにグループ化されますが、バルブタイプに関わらず、コミュニケーションは必要です。さらに基準の最下は典型的なメカニカルレーティングはスタンダードバルブのためのIP20とスイッチキャビネットの外で使用できるデバイスのためのIP54 またはIP65 です。

組み込みAnybusコミュニケーションモジュールを使用し、HMSはコンパクトとモジュラーI/O両方のための接続ソリューションを使用する準備を提供します。よく定義されたAnybusアプリケーションソフトウェアインターフェースによって、バルブブロックの電気は異なるネットワークの区別の必要がありません。Anybusモジュールは差異とデバイス回路のケアをします、全てのネットワークが同一をみます。

HMSはインテリジェント分散I/Oアプリケーションのコミュニケーション要求を満たす組み込みコミュニケーションモジュールの3つのファミリーを提供します。

Anybus-CompactCom (Anybus-CC)
コンパクトフラッシュカードに類似したフォームファクタをもつ牽牛なプラスチックハウジング内のプラグインコミュニケーションモジュールです。Anybus-CCモジュールは、ハイパフォーマンスと低いプライスによる最新のAnybusテクノロジを使用します.
更によむ



Anybus-IC
スタンダードDIL32ソケットに合ったとても小さなサイズのコミュニケーションインターフェースです。 これらの小さなモジュールは、パフォーマンスとデータサイズの限られた要求の小さいアプリケーションのためのテイラーメイドです 更によむ

使用されている特定のAnybusモジュールにかかわらず、開発努力の70㌫以上の削減をAnybusテクノロジの原理的な利点からデバイス製造業社は効果を得るでしょう。早いタイムツーマーケット、簡単な認証とHMSによる継続的なテクノロジメンテナンスです更によむ