Anybus Communicatorをドライブ/インバータ向け外付けネットワーク・インターフェースに使用

ネットワーク統合インターフェースを持たないドライバをRS-232インターフェースとAnybus Communicatorを介してフィールドバスならびに産業用Ethernetネットワークに簡単に接続することができます。

柔軟性の高い通信はほとんどのドライブの成功の鍵となります。中型/大型ドライブは強力な統合されたネットワーク・インターフェースを提供する一方で、小型/マイクロドライブはModbus、あるいは独自のプロトコルを持つ RS-232/485インターフェースを介したシリアルな通信しかサポートしません。この場合、Anybus Communicatorをほとんどのフィールドバスならびに産業用EthernetネットワークとPLCを統合する外付けインターフェースとして使用することができます。


CommunicatorはドライブのRS-232/485インターフェースへ接続され、シリアル・インターフェースのシリアル・データ・ストリームをフィールドバスあるいは産業用Ethernetプロトコルに翻訳します。Communicatorはプロトコル互換を扱い、ネットワーク上のslave/adapterとしてドライブを表します。PLC (master / scanner)制御のためにドライブは、ネットワークへのslave/adapter機能を持つひとつのノードとして統合されますが、slave/adapter としてネットワークを制御することは認められません。 さらに読む


プロトコル変換の複雑性に依存して、Anybus Communicator
内部の内部処理時間は5 ‐ 20 msです。従ってドライブが高速制御ループの一部で内部処理時間より短いサイクル時間ではAnybus Communicator の使用を推奨しません。HMSでは内部組み込み接続ソリューションを推奨します。さらに読む