組み込みAnybus通信インターフェースを使用したコントローラ

柔軟性の高いslave / adapter 通信インターフェースの機がを必要


ほとんどの産業アプリケーションには分散コントローラが配置され、フィールドバス/産業用Ethernetネットワークを介して中央自動システム(PLC) / IPC)に接続されます。コントローラは自動的に位置制御、振動制御、温度調整、換気制御などのタスクを規則化します。ネットワークの観点からは、コントローラはslave / adapterとして機能します。サイクリック制御ループ・データに加えて、制御パラメータ(上位/下位制限)あるいはアラーム値(温度の上下)への呼び出し/書き込みをサポートします。ブランチとサイクルタイムの要求に依存し、多くの異なるタイプの産業用ネットワークが使用されています。Profibusのような標準フィールドバスからLonworksのようなビル制御システムまで様々です。

HMS はすべてのタイプのコントローラのための接続ソリューションを提供します。組み込まれたAnybusモジュールは、アサイクリック・アクセス(温度圧制限)だけでなく、高速サイクリックI/O データ交換(転送設定値)もサポートします。
。Anybusアプケーション・ソフトウェア・インターフェースにより、ドライブの内部ソフトウェアはサイクリック制御データやアサイクリック・パラメータ・データにネットワークに依存せずにアクセスすることができます。

HMS はコントローラの通信要求に必要な3つの組み込み通信モジュールを提供しています。

Anybus-CompactCom (Anybus-CC)
プラグイン通信モジュールには堅牢なプラスチックのカバーがあり、フラッシュ・カードに似ています。Anybus-CCモジュールは、高性能、低価格を提供するAnybusテクノロジが特長です。 さらに読む

 

 


Anybus-S

クレジットカード・サイズのslave/adapter通信インターフェースは中型/大型PLCに必要な通信インターフェースに必要なハードウェア/ソフトウェア機能がすべて含まれています。 さらに読む



Anybus-IC
超小型通信インターフェースで標準DIL 32ソケットに適合します。この小さなモジュールがパフォーマンスに制限のある要求やデータサイズの小さい小型ドライブの要求を満たします。 さらに読む


ロボット・コントローラの特例
ロボット・コントローラには特別な要求が適用されます。産業用ロボットは通常、大型自動システムのセルが統合されます。ロボット・コントローラは2つの通信システムが必要でうす。ひとつの“uplink”はPLCへ、もうひとつの、“downlink”はI/O 機器、ローカル機器に通信します。2つのネットワークが要求されます。

ネットワークは監督制御システム(PLC)へ接続されます。ロボット・コントローラはPLCで制御される多くの機器の一つで通常スレーブになります。このような通信インターフェースにはAnybus-SあるいはAnybus-CC通信モジュールを推奨します。

ロボット・セルは、I/O、フィーダ、コンベアを持つ小型自動システムです。ロボットにより制御される機器が必要でネットワークではロボットがマスターになります。HMSはこの通信要件を満たすAnybus-M master/scannerインターフェースを提供しています。

Anybusモジュールを採用することで、機器メーカーは70%の開発短縮、市場投入機関の短縮、HMSによる認証と継続的なメンテナンスという利点を得ることができます。さらに読む