Anybus Communicatorをバーコード・スキャナ向け外付けネットワーク・インターフェースに使用

ネットワーク統合インターフェースを持たないバーコード・スキャナをRS-232インターフェースとAnybus Communicatorを介してフィールドバスならびに産業用Ethernetネットワークに簡単に接続することができます。

柔軟性の高い通信はほとんどのバーコード・スキャナの成功の鍵となります。複雑なセンサーは強力な統合されたネットワーク・インターフェースを提供する一方で、シンプルなバーコード・スキャナはRS-232/485インターフェースを介したシリアルな通信しかサポートしません。この場合、Anybus ommunicatorをほとんどのフィールドバスならびに産業用Ethernetネットワークとスキャナを統合する外付けインターフェースとして使用することができます。 Anybus Communicator はスキャナのRS-232/485インターフェースと接続され、スキャナからのシリアル・データ・ストリームをフィールドバスや産業用Ethernetプロトコルに翻訳します。Communicator はプロトコル変換を完全に処理し、ネットワーク上でアクチュエータのslave/adapterとなります。中央PLCからは(マスター)からはアクチュエータの機能はネットワーク上でスレーブの持つ標準ノードとして機能します。

PLCはスキャンされたデータを入力データとして読み取り、 コマンドやパラメータをネットワークを介して出力データ としてスキャナに転送します。Communicatorのインテリジェントな変換機能により、読み込まれた情報がフィルタされ、ネットワーク上でスキャンされたネットデータが転送されます。

Communicatorは誤ったチェックサムや無効なフレーム長でテレグラムをフィルタするのにも使用されます。コンフィギュレーションは、本websiteからもダウンロードすることのできるABCコンフィギュレーショ・ツールで行うことができます。Anybus Communicatorはほとんどの主要産業用ネットワークに対応しているため、スキャナは開発を新たに行うことなく多くの異なるネットワークに接続することが可能です。

プロトコル変換の複雑さに依存するため、Anybus Communicator内部の内部処理時間は5 ? 20msの範囲です。 Anybus Communicatorを使用してのバーコードあるいはRFIDスキャナのスキャン処理への実遅延はありません。さらに読む